コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法系 ほうけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法系
ほうけい

世界に存する多数の法秩序を一定の基準に従って,その親縁関係に応じ分類した場合,同一の系統に属するもの。非技術的な概念の法圏を法系と同義に用いることもある。法系の分類法は学者によって異なるが,元来相対的なものであり,ある国の法の各部門が相異なる法系に分類されることもあれば,ある国の法が時代によって別個の法系に属することもある。英米法系 (イギリス法系) と大陸法系 (ローマ法系) は今日の国際社会の基本的法系とされるが,分類上からも他に若干の法系が存在している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐けい【法系】

(ハフ‐) 法律の発生・継受に着目して分けられる法の系統。ローマ法系・英米法系・大陸法系など。
(ホフ‐) 仏教の各宗派の系統。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけい【法系 legal systems】

同族的法秩序から構成されるグループをいう。現在世界にはきわめて多数の法秩序があり,それら相互間には無数の異同がある。しかし共通な法様式を形成する要素に注目し,かつ,非本質的な相違を度外視して分類すれば,数個の母法秩序Mutterrechtsordnungおよびそれぞれの娘法秩序Tochterrechtsordnungから成る諸グループが得られる。これらが法系であり,法圏とか法族ともいわれる。法系の分類は19世紀以来試みられてきたが,当初は進化論の影響下に〈人種〉を基準にした分類が一般的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうけい【法系】

法の系統。法の継受などによる法制度の同族性により大別される。英米法系・大陸法系など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法系
ほうけい

甲国から乙国に法が継受された場合、両国の間に「法系」の関係があるといい、甲国を母法国、乙国を子法国という。古代ローマ法を継受したヨーロッパ大陸法はローマ法系に属し、近代以後この大陸法を継受した日本やトルコはローマ法系ないし大陸法系に属する。大陸法系はさらにドイツ法系、フランス法系などに分かれる。ロシア法も概して大陸法系に属していたが、ロシア革命によって新たな法性格が加わり、ソビエト法を継受した諸国によって、社会主義法系という新たな法系が生じた。イギリス法は元来ゲルマン法系に属するが、独自の発展を示し、アメリカや旧植民地などに継受されてコモン・ロー法系(英米法系)を形成している。イスラム圏はイスラム法系を形成している。インドや中国は独自の法体制をもっていたが、近代においては西洋諸国の法系の支配を受けつつある。日本は律令(りつりょう)制の導入によって中国法系を受け入れ、土着性と中国性の対立と妥協の歴史をたどったが、明治以後は大陸法系に属し、第二次世界大戦後は英米法系の部分的影響をも受けている。[長尾龍一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

法系の関連キーワードエージェント(商業)パンデクテン法学レシーバー制度成文法・不文法行政事件訴訟国家訴追主義フランス民法禁反言の法理白隠慧鶴禅師自由相続主義憲法裁判所景徳伝灯録天台座主記行政裁判所長尾龍一アリバイ無学祖元行政国家小林紫山比較法学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法系の関連情報