法秩序(読み)ほうちつじょ

大辞林 第三版の解説

ほうちつじょ【法秩序】

国・社会を規律するさまざまな法規が構成する統一的なまとまり、また、その統一的なまとまりに示される国・社会の秩序のあり方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ちつじょ ハフ‥【法秩序】

〘名〙 家社会が法律によって整然と規律され、秩序が保たれている状態。
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉一一「成文憲法の発生は、ひとつには、不文法から成文法へという法秩序一般の進化の流れの一部であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法秩序の関連情報