清らを尽くす(読み)きよらをつくす

精選版 日本国語大辞典の解説

きよら【清ら】 を 尽(つ)くす

美しさの限りを尽くす。華美をきわめる。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「とりわきおほせ事ありて、きよらをつくしてつかうまつれり」

けうら【清ら】 を 尽(つ)くす

この上もなく美しく整え飾る。できる限り光り輝くように立派にする。華美をきわめる。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「昔は方々に、我も我もと、けうらをつくして住みしものを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android