コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清彦 きよひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清彦 きよひこ

記・紀にみえる伝承上の人物。
天日槍(あめのひぼこ)の3(4)世孫。田道間守(たじまもり)の父(弟)。天日槍が将来した神宝を垂仁(すいにん)天皇に献上したが,出石(いずし)という小刀を惜しんで衣の下にかくした。天皇の酒杯をうけるときみつかり,宝物庫におさめられたが,その小刀が,ひとりでに清彦のもとにもどり,のち淡路(あわじ)島にあらわれて神としてまつられたという。「古事記」では清日子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清彦の関連情報