コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小刀 コガタナ

デジタル大辞泉の解説

こ‐がたな【小刀】

小形の刃物。ナイフ。「小刀で鉛筆を削る」
刀の鞘(さや)に差し添える小さな刀。小柄(こづか)。

しょう‐とう〔セウタウ〕【小刀】

小さい刀。特に、脇差

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こがたな【小刀】

ものを削ったり、細工をしたりするときに用いる小さな刃物の総称。ナイフ。
小さい刀。
刀の鞘さやにさし添える小さな刃物。小柄こづか

しょうとう【小刀】

小さな刀。また、脇差わきざし。 ↔ 大刀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小刀の言及

【大刀】より

…〈たち〉は〈断ち〉の意味という。大刀,横刀は記紀の用字であって,小刀,刀子と書く〈かたな〉と対比して用いた。《日本書紀》天智天皇3年(664)2月条に〈大氏の氏上には大刀(たち)を賜う。…

【刀子】より

…現在の用語でいえば〈こがたな〉であり,〈ナイフ〉である。《日本書紀》垂仁紀には〈刀子〉とも〈小刀〉とも混用しているのを,どちらも〈かたな〉と読んでいる。大刀(たち)にたいして小刀(かたな)と書いたもので,古くは〈こがたな〉とは読まなかった。…

※「小刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小刀の関連キーワード非細工の小刀減らしペーパーナイフ大小は武士の魂指し刀・指刀紙切り小刀ペンナイフ佩き添へ版彫小刀刳り小刀小刀細工小さ刀手裏剣蝦夷盆胞衣刀一刀彫一本刀非細工彫刻刀マキリ副え子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小刀の関連情報