コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天日槍 あめのひぼこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天日槍 あめのひぼこ

記・紀にみえる新羅(しらぎ)(朝鮮)の王子。
日本書紀」によれば,垂仁(すいにん)天皇3年渡来,但馬(たじま)(兵庫県)の出石(いずし)にすみ,太耳(ふとみみ)の娘麻多烏(またお)と結婚した。もってきた羽太(はふと)の,足高(あしたか)の玉,鵜鹿鹿(うかか)の赤石の玉など8点の神宝出石神社にまつられたという。「古事記」では天之日矛とかき,応神天皇のときに渡来し,前津見(まえつみ)と結婚したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

天日槍

『古事記』『日本書紀』の伝承に登場する新羅の王子。『古事記』によれば天之日矛とみえ,他に海檜槍,天日桙とする。その伝承の内容は次のとおりである。性器に日が当たり,女が赤玉を生む。天日槍がそれを手に入れると赤玉は女と化したので妻とする。女は祖国日本の難波(大阪市)へ逃げ帰ったので天日槍はそれを追う。しかし難波へは入れず,但馬出石にとどまり,多遅摩俣尾の娘前津見を娶り,子孫をつくる(後裔に神功皇后)。『日本書紀』は渡来時期は垂仁3年とし,播磨,淡路(以上兵庫県),山背(京都府),近江(滋賀県),若狭(福井県),そして但馬への歴訪を語る。天日槍伝承は『播磨国風土記』や『筑前国風土記』逸文などにも多様な構成でみえ,早い段階から各地に浸透したと考えられる。天日槍は数種の神宝を招来するが,ともに但馬の出石神社(兵庫県出石町)とのかかわりを示唆している。伝承の基礎は出石神社を奉斎する一族の始祖伝承に,矛槍を祭具とする太陽信仰,各地の渡来系氏族伝承が融合し,形成されたものと考えられる。<参考文献>三品彰英編『日本書紀研究』第3冊

(関和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あめのひぼこ【天日槍】

日本神話にあらわれる人(あるいは神)の名。《古事記》では天之日矛と記す。同書によれば,水辺で太陽の光を受けた女が赤玉を生み,それを得た新羅皇子アメノヒボコが玉を床辺におくと,赤玉は女と変ずる。皇子はこの女を妻とするが,のちに逃げる女を追って日本に渡り但馬国に住んだという。この話は,女を追ってはらませる太陽,女を妻とし追って海を渡るアメノヒボコ,という同一観念より変化した二つの話が重複している。アメノヒボコの神宝には日鏡,波や風をきる比礼(ひれ)もあり,アメノヒボコは但馬に本拠を置いた渡来人(出石(いずし)人)が奉じた海洋太陽神であろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の天日槍の言及

【伊和大神】より

…この神は播磨国宍禾(しさわ)郡伊和村を本拠とする伊和君(いわのきみ)に祭られて,揖保(いいぼ),宍禾,讃容(さよ)などの諸郡に事績を残している。それによると,土地を開拓し,境界を定めて〈クニ〉の基礎を築き,天日槍(あめのひぼこ)と軍を起こして戦い,また集団の祭りに欠かせない酒宴の神でもあった。本来,各地方では〈クニ〉の始まりについてのいわれを語るために英雄神を創造した。…

【但馬国】より

…伝承的記事を除けば,国名の初出は675年(天武4)の侏儒・伎人を貢上せしめたという記録である。ただし,但馬国の古代を語るとき,史実かどうかは別として,天日槍(矛)(あめのひぼこ)の説話を忘れることができない。すなわち,新羅の王子である天日槍が妻を追って日本に渡り,九州から瀬戸内海を経て播磨・淡路・難波・近江・若狭などを遍歴して,但馬にいたってついに安住し,出石(いずし)神社の祭神としてまつられたという。…

※「天日槍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天日槍の関連キーワード葦原醜男・葦原色許男日本神話の神々阿加流比売神竜王(町)市磯長尾市伊和大神田道間守垂仁天皇須恵器陶作部大友主生石崎清彦神籬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android