コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清正記 きよまさき

世界大百科事典 第2版の解説

きよまさき【清正記】

加藤清正に関する伝記戦記物語。著者は古橋左衛門又玄(ゆうげん)。3巻。成立時期は不明だが,17世紀中ごろと推定される。加藤美作,下川兵太夫,木村又蔵,古橋清助がそれぞれ部分的に書き残したものを編集し,清正若年から逝去までの概要を記し,清正の菩提寺本妙寺に寄進したもの。とくに第1巻,第2巻の朝鮮の役までの記事は基本史料で,古文書などを挿入して真を得る方法をとり,清正の軍功についての大要を知りうる基本的な史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清正記の関連キーワード愛知県名古屋市中村区中村町名古屋市博物館加藤清正武芸

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android