清正記(読み)きよまさき

世界大百科事典 第2版の解説

きよまさき【清正記】

加藤清正に関する伝記戦記物語。著者は古橋左衛門又玄(ゆうげん)。3巻。成立時期は不明だが,17世紀中ごろと推定される。加藤美作,下川兵太夫,木村又蔵,古橋清助がそれぞれ部分的に書き残したものを編集し,清正若年から逝去までの概要を記し,清正の菩提寺本妙寺に寄進したもの。とくに第1巻,第2巻の朝鮮の役までの記事は基本史料で,古文書などを挿入して真を得る方法をとり,清正の軍功についての大要を知りうる基本的な史料である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android