コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清正記 きよまさき

1件 の用語解説(清正記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きよまさき【清正記】

加藤清正に関する伝記戦記物語。著者は古橋左衛門又玄(ゆうげん)。3巻。成立時期は不明だが,17世紀中ごろと推定される。加藤美作,下川兵太夫,木村又蔵,古橋清助がそれぞれ部分的に書き残したものを編集し,清正若年から逝去までの概要を記し,清正の菩提寺本妙寺に寄進したもの。とくに第1巻,第2巻の朝鮮の役までの記事は基本史料で,古文書などを挿入して真を得る方法をとり,清正の軍功についての大要を知りうる基本的な史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清正記の関連キーワード軍記物語曾我物語清正戦記物語本妙寺飯田覚兵衛斑鳩平次加藤清正母後藤二郎曾根孫六

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone