大要(読み)タイヨウ

  • たいよう ‥エウ
  • たいよう〔エウ〕

デジタル大辞泉の解説

大切なところ。大事な点。
大体のところ。あらまし。概要。「法案の大要について説明する」「首相発言は大要左のとおりである」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「だいよう」とも)
① ある物事のなかで、特に肝要とみられるもの。
※色葉字類抄(1177‐81)「大要 大切詞」 〔漢書‐陳万年〕
② 大体のところ。あらまし。概要。また、大きな部分を占めるもの。〔書言字考節用集(1717)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「これ半ばは、翰達の才性あるに由ると雖ども、然ども大要はその忍耐勉強なるに由るなり」
[2] 〘副〙 おおかた。だいたい。
※洒落本・水月ものはなし(1758)上「女郎のかい様女郎の取廻し、たいやふ此で有らふと、推量はすれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大要の関連情報