コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渟葉田瓊入媛 ぬはたのにいりひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渟葉田瓊入媛 ぬはたのにいりひめ

記・紀にみえる垂仁(すいにん)天皇の妃。
垂仁天皇の皇后狭穂(さほ)姫が兄狭穂彦の謀反(むほん)に連座して自殺する前に,後宮にいれることを進言した丹波道主命(たにわのみちぬしのみこと)の5人の娘のひとり。第二妃として鐸石別(ぬてしわけの)命,胆香足(いかたらし)姫命を生む。「古事記」では沼羽田之入毗売命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渟葉田瓊入媛の関連キーワード鐸石別命垂仁天皇