渥美 国泰(読み)アツミ クニヤス

新撰 芸能人物事典 明治~平成「渥美 国泰」の解説

渥美 国泰
アツミ クニヤス


職業
俳優 美術評論家

肩書
アクト青山ドラマティックスクール代表

生年月日
昭和8年 1月1日

出生地
東京市 四谷区三光町(東京都新宿区)

学歴
九段高〔昭和26年〕卒,俳優座養成所(第3期生)〔昭和29年〕卒

経歴
昭和29年俳優座に入団し、「森は生きている」で初舞台。同年劇団新人会、34年新劇場を創立。40年劇団雲を経て、50年演劇集団円創立に参加。54年アクト青山ドラマティックスクールを設立し主宰。平成15年江戸民間書画美術館を設立、館長。主な出演に映画「皇帝のいない八月」「踊る大捜査線 THE MOVIE」、テレビ「生前情交痕跡あり」「の器」など。著書に「探究・下村為山」「岸田国士論考」「亀田鵬斉と江戸化政の文人達」などがある。

受賞
芸術祭奨励賞〔昭和31年〕「ミンナ・フォン・バルムヘルム」

没年月日
平成21年 2月5日 (2009年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android