コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村為山 しもむら いざん

2件 の用語解説(下村為山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

下村為山

日画家・俳人。愛媛県生。名は純孝、俳号は初め百歩、のち牛伴。はじめ洋画を本多錦吉郎小山正太郎に学ぶが、同郷の正岡子規に俳句を師事してから日本画にも興味を示し、西欧的写実性をあわせ持つ俳画で評価を得た。昭和24年(1949)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村為山 しもむら-いざん

1865-1949 明治-昭和時代の画家,俳人。
慶応元年5月21日生まれ。明治15年上京して本多錦吉郎,小山正太郎に洋画をまなび,正岡子規と知りあって俳句を研究。俳画家として知られた。昭和24年7月10日死去。85歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。名は純孝。別号に雀廬,冬邨など。作品に「慈悲者之殺生図」など。
【格言など】俳句は日本特有の文芸,俳画もまた日本芸術上の光(俳画家へ転身のとき)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

下村為山の関連キーワード須磨対水辻永趙希遠飯野寅吉甲斐青萍祖栄三輪大次郎村山しげる竜登和田菁華

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone