コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村為山 しもむら いざん

美術人名辞典の解説

下村為山

日画家・俳人。愛媛県生。名は純孝、俳号は初め百歩、のち牛伴。はじめ洋画を本多錦吉郎小山正太郎に学ぶが、同郷の正岡子規に俳句を師事してから日本画にも興味を示し、西欧的写実性をあわせ持つ俳画で評価を得た。昭和24年(1949)歿、85才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村為山 しもむら-いざん

1865-1949 明治-昭和時代の画家,俳人。
慶応元年5月21日生まれ。明治15年上京して本多錦吉郎,小山正太郎に洋画をまなび,正岡子規と知りあって俳句を研究。俳画家として知られた。昭和24年7月10日死去。85歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。名は純孝。別号に雀廬,冬邨など。作品に「慈悲者之殺生図」など。
【格言など】俳句は日本特有の文芸,俳画もまた日本芸術上の光(俳画家へ転身のとき)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下村為山の関連キーワード5月21日渥美 国泰内山雨海

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android