渦なし流(読み)うずなしりゅう(英語表記)irrotational flow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渦なし流
うずなしりゅう
irrotational flow

流れの中のいたるところで渦度がゼロであるような流れをいう。流体速度ベクトルu ,渦度ベクトルを ω とするとき,渦なし流では,ω=rotu=0 であるから,u=gradφ と書けるような速度ポテンシャル φ が存在する。流体が粘性のない完全流体で,流体に働く外力が保存力の場合には,ヘルムホルツの渦定理によって,渦は発生も消滅もしないから,渦なし流はいつまでも渦なしに保たれる。したがって,静止状態から出発した流れはすべて渦なしである。実在流体では粘性が存在するため,前述の結果は厳密には成り立たないが,部分的に渦なし流が実現される場合も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android