コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦なし流 うずなしりゅうirrotational flow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渦なし流
うずなしりゅう
irrotational flow

流れの中のいたるところで渦度がゼロであるような流れをいう。流体速度ベクトルu ,渦度ベクトルを ω とするとき,渦なし流では,ω=rotu=0 であるから,u=gradφ と書けるような速度ポテンシャル φ が存在する。流体が粘性のない完全流体で,流体に働く外力が保存力の場合には,ヘルムホルツの渦定理によって,渦は発生も消滅もしないから,渦なし流はいつまでも渦なしに保たれる。したがって,静止状態から出発した流れはすべて渦なしである。実在流体では粘性が存在するため,前述の結果は厳密には成り立たないが,部分的に渦なし流が実現される場合も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

渦なし流の関連キーワードダランベールのパラドックス速度ポテンシャルヘルムホルツ外力

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android