温陽(読み)おんよう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温陽
おんよう / オニャン

韓国(大韓民国)、忠清南道(ちゅうせいなんどう/チュンチョンナムド)北部の保養地。牙山市に属する。1000余年前に発見された古くから有名な温泉地である。泉質はアルカリ性で泉温50℃。ソウルに近く、また長項線の主要駅でもあり、しかも付近には忠武公李舜臣(りしゅんしん)を奉祀(ほうし)する顕忠祠(けんちゅうし)があって、参拝の客や保養客が年中絶えない。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android