温陽(読み)おんよう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温陽
おんよう / オニャン

韓国(大韓民国)、忠清南道(ちゅうせいなんどう/チュンチョンナムド)北部の保養地。牙山市に属する。1000余年前に発見された古くから有名な温泉地である。泉質はアルカリ性で泉温50℃。ソウルに近く、また長項線の主要駅でもあり、しかも付近には忠武公李舜臣(りしゅんしん)を奉祀(ほうし)する顕忠祠(けんちゅうし)があって、参拝の客や保養客が年中絶えない。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android