参拝(読み)サンパイ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)社寺、特に神社にお参りしておがむこと。「伊勢神宮に参拝する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 神社や寺にお参りして神仏をおがむこと。参朝。
※粉河寺文書‐正暦二年(991)一一月二八日・太政官符案「爰堂塔房舎、従風破損、参拝貴賤、競浪往還」 〔韓愈・孟郊‐雨中寄孟刑部幾道聯句詩〕
② ある人、特に目上の人を訪問すること。
※東寺百合文書‐を・応永一七年(1410)一一月二四日・上久世庄藁支配状案「其後不参拝候」 〔戦国策‐秦策・始皇帝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参拝の関連情報