コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉質 センシツ

2件 の用語解説(泉質の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐しつ【泉質】

温泉など鉱泉の水の化学的性質。塩類(えんるい)(現在はイオン)による分類が用いられる。
[補説]温泉分析書などに使用する「掲示用泉質名」は単純温泉二酸化炭素泉炭酸水素塩泉塩化物泉硫酸塩泉含鉄泉含アルミニウム泉・含銅鉄泉・硫黄泉酸性泉放射能泉の11種類とされている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の泉質の言及

【温泉】より

温泉療法
[液性]
 鉱泉分析法指針では温泉の液性を,湧出時のpHによって表3のように分類している。 酸性泉は物質を溶かす力が強く,したがって成分的に温泉法に該当する泉質を生じやすい。アルカリ性泉は反対に物質が沈殿しやすいため,溶存物質量だけでは温泉法に該当しない例が少なくない。…

※「泉質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泉質の関連情報