コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉質 センシツ

デジタル大辞泉の解説

せん‐しつ【泉質】

温泉など鉱泉の水の化学的性質塩類(えんるい)(現在はイオン)による分類が用いられる。
[補説]温泉分析書などに使用する「掲示用泉質名」は単純温泉二酸化炭素泉炭酸水素塩泉塩化物泉硫酸塩泉含鉄泉含アルミニウム泉・含銅鉄泉・硫黄泉酸性泉放射能泉の11種類とされている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんしつ【泉質】

温泉水の化学的性質。ナトリウム塩化物泉(食塩泉)・アルミニウム硫酸塩泉(ミョウバン泉)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の泉質の言及

【温泉】より

温泉療法
[液性]
 鉱泉分析法指針では温泉の液性を,湧出時のpHによって表3のように分類している。 酸性泉は物質を溶かす力が強く,したがって成分的に温泉法に該当する泉質を生じやすい。アルカリ性泉は反対に物質が沈殿しやすいため,溶存物質量だけでは温泉法に該当しない例が少なくない。…

※「泉質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

泉質の関連キーワード綱島温泉・太平館戸倉上山田温泉日光湯元温泉カルルス温泉鬼怒川温泉地獄谷温泉芦ノ牧温泉上諏訪温泉洞爺湖温泉下諏訪温泉下賀茂温泉湯の川温泉支笏湖温泉宇奈月温泉碇ヶ関温泉堂ヶ島温泉片山津温泉朝里川温泉白骨温泉強羅温泉

泉質の関連情報