コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

港湾料金 こうわんりょうきん

世界大百科事典 第2版の解説

こうわんりょうきん【港湾料金】

貨物の積卸しいかんにかかわらず,船舶が港に入ることによって負担しなければならない各種の税金,施設使用料,役務利用料などの総称。いいかえれば,港湾での貨物積卸しにかかる直接費用(荷役関係費)を除いたすべての港湾関係費用のことである。たとえば,外国貿易船が開港に入った場合に負担しなければならない港湾料金には,おおよそ次のようなものがある。水先料,曳船料,運河通航料,灯台税,入港料,とん税,岸壁使用料,浮標使用料,通船料,綱取放料,塵捨船料,税関諸掛,代理店料,領事館手続料,船内消毒費,等々。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

港湾料金の関連キーワード国旗差別

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android