コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

港湾料金 こうわんりょうきん

1件 の用語解説(港湾料金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうわんりょうきん【港湾料金】

貨物の積卸しいかんにかかわらず,船舶が港に入ることによって負担しなければならない各種の税金,施設使用料,役務利用料などの総称。いいかえれば,港湾での貨物積卸しにかかる直接費用(荷役関係費)を除いたすべての港湾関係費用のことである。たとえば,外国貿易船が開港に入った場合に負担しなければならない港湾料金には,おおよそ次のようなものがある。水先料,曳船料,運河通航料,灯台税,入港料,とん税,岸壁使用料,浮標使用料,通船料,綱取放料,塵捨船料,税関諸掛,代理店料,領事館手続料,船内消毒費,等々。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

港湾料金の関連キーワード港湾事由発航発港百足らず相変らず相も変らず拘らず好むと好まざるとにかかわらず其れにも拘わらず

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone