コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯の子掬い ゆのこすくい

1件 の用語解説(湯の子掬いの意味・用語解説を検索)

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ゆのこすくい【湯の子掬い】

懐石で、湯の子(練り湯の中に入っている焦げ飯やいった米)をすくって飯椀にとるために湯桶にそえる杓子。湯桶と同じ素材のものを用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯の子掬いの関連キーワード上がり湯湯炊き湯の泡湯の神湯の花煎り湯湯の子湯の川練り湯湯の子/湯の粉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone