コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯引き ユビキ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐びき【湯引き】

ゆびくこと。特に、魚や鶏肉などを熱湯にくぐらせて表面だけ熱を通すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ゆびき【湯引き】

①料理で、熱湯にさっと通したり、熱湯をかけたりして、材料の表面だけに熱を通すこと。また、その料理。湯引きしたあとは冷水に取って冷ます。生臭みや表面の脂肪を除き、身を締める。はも・鯉(こい)などの魚や鶏肉などに用いる。
②鶏をさばくとき、羽を抜きやすくするために熱湯に通すこと。主に中華料理で用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆびき【湯引き】

( 名 ) スル
ゆびくこと。湯でさっと煮ること。湯振り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

湯引きの関連キーワード100%サケを調理する方法クエとアブラボウズ醤煎り・醬煎り鱶の湯晒しサケ・マス湯振り霜降り醤煎り頭料理牡丹鱧フグ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯引きの関連情報