冷水(読み)ヒヤミズ

  • ひやみず ‥みづ
  • ひやみず〔みづ〕
  • れいすい

デジタル大辞泉の解説

冷たい水。れいすい。ひや。「年寄りの冷や水
冷たい水に白砂糖と白玉を入れたもの。江戸時代、夏に市中で売られた。
冷たい水。ひやみず。⇔温水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① つめたい水。ひややかな水。つめたい処遇の意にもたとえる。れいすい。ひや。〔羅葡日辞書(1595)〕
※たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉一三「飛石の足音は背より冷水(ヒヤミヅ)をかけられるが如く」
② 清冷な水に白糖と寒晒(かんざらし)粉のだんごを加えたもの。江戸時代、夏季に、一わん四文ほどで市中を売り歩いた。
※浮世草子・万の文反古(1696)一「昼は冷(ヒヤ)水を売り」
③ (「年寄の冷水」から) 老人の異称。
※雑俳・露丸評万句合‐明和四(1767)「実盛はひや水らしい軍をし」
〘名〙 つめたい水。ひやみず。
※殿上詩合(1056)泉石夏中寒〈源経信〉「幽巖夕忌龝風扇、冷水夜浮明月盃」 〔金光明経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷水の関連情報