コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯畑 ユバタケ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐ばたけ【湯畑】

群馬県吾妻(あがつま)郡草津町の中央に湧き出る源泉。広さ約1600平方メートル、湧出量は毎分約4600リットル。温度セ氏約60度。7本の木樋(もくひ)を通して温度を下げ、湯の花を取る。また、一般にこのような施設や源泉のこともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の湯畑の言及

【草津[町]】より

…白根火山東斜面の標高1200mの高原中の小凹地に大温泉街がある。草津温泉の泉源は街のほぼ中央の湯畑(ゆばたけ)のほか100余ヵ所におよび,湧出量は毎分3万4000lで,鹿児島県の指宿(いぶすき)温泉に次ぐといわれる。湯畑は幅20m,長さ60mほどの石垣に囲まれた中から,大量の熱湯が湧出している。…

※「湯畑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湯畑の関連キーワード野沢温泉[村]草津[町]塩原温泉郷草津温泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯畑の関連情報