コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草津 クサツ

5件 の用語解説(草津の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くさつ【草津】[滋賀県の市]

滋賀県南部の市。東海道中山道の分岐点の宿場町として発達。人口13.1万(2010)。

くさつ【草津】[群馬県の地名]

群馬県北西部、吾妻郡の地名。標高約1200メートルの高原にある温泉町で、泉質は含アルミニウム泉硫黄泉酸性泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くさつ【草津】

群馬県吾妻郡、白根山東斜面にある町。古くから知られた温泉町で、泉質はアルミニウム硫酸塩泉。
滋賀県南部の市。東海道の宿場町で中山道を分岐する交通の要地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草津
くさつ

広島市西区の一地区。旧草津町。広島湾に臨み、古くから港津として知られた。江戸時代には広島藩の外港であり、また石見(いわみ)浜田藩の船屋敷が置かれた。江戸時代からカキの養殖が始まり、大坂へも牡蠣(かき)船を出していた。広島湾一帯のカキ、ノリの養殖業の中心であったが、近年沖合いが埋め立てられ、広島市の商工センター、中央卸売市場が置かれた。住吉(すみよし)神社内にカキ養殖法を完成させた記念碑「安芸国養蛎(あきのくにようれい)の碑」が残されている。広島電鉄宮島線の草津、草津南駅などがある。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草津の関連キーワード自然淘汰指標群・軍・郡群・叢・簇群鳥の群るビタミンB群ランスフィールド分類法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草津の関連情報