草津(読み)クサツ

大辞林 第三版の解説

くさつ【草津】

群馬県吾妻郡、白根山東斜面にある町。古くから知られた温泉町で、泉質はアルミニウム硫酸塩泉。
滋賀県南部の市。東海道の宿場町で中山道を分岐する交通の要地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草津
くさつ

広島市西区の一地区。旧草津町。広島湾に臨み、古くから港津として知られた。江戸時代には広島藩の外港であり、また石見(いわみ)浜田藩の船屋敷が置かれた。江戸時代からカキの養殖が始まり、大坂へも牡蠣(かき)船を出していた。広島湾一帯のカキ、ノリの養殖業の中心であったが、近年沖合いが埋め立てられ、広島市の商工センター、中央卸売市場が置かれた。住吉(すみよし)神社内にカキ養殖法を完成させた記念碑「安芸国養蛎(あきのくにようれい)の碑」が残されている。広島電鉄宮島線の草津、草津南駅などがある。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くさつ【草津】

(古くは「くさづ」か)
[一] 滋賀県の南西部にある地名。琵琶湖の南東岸に面する。古来交通の要地として知られ、東海道、中山道の分岐点にあたる旧宿場町。現在は東海道本線、草津線の分岐点。湖岸では淡水真珠の養殖が行なわれる。昭和二九年(一九五四)市制。
[二] 群馬県北西部にある地名。白根山の東斜面に位置し、草津温泉がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草津の関連情報