湿拓(読み)シッタク

デジタル大辞泉の解説

しっ‐たく【湿拓】

拓本をとる技法の一。対象物に紙を当て、水で湿らせて密着させたのちに墨を含んだたんぽでたたくことで凸部を写し取る。→乾拓
[補説]古来、拓本といえば湿拓のことで、拓は明治期の日本で生まれた技法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しったく【湿拓】

拓本をとる方法の一。石碑などに紙を当て水で湿らせてはりつけ、上から墨汁を含ませたたんぽで軽くたたいて文字や模様を写し取るもの。 ⇔ 乾拓かんたく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android