たんぽ(読み)タンポ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 綿をまるめて布や革で包んだもの。
① けいこ用のやりの先につけるもの。また、そのやり。
※歌舞伎・霊験曾我籬(1809)序幕「細内(ほそない)、中間にて、たんぽ附きの稽古槍を担ぎ」
② 石ずりをする時、また拓本をとる時、墨をつけるのに用いる道具。〔版画の技法(1927)〕
〘名〙 「たんぽぽ(蒲公英)」の変化した語。《季・春》
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「朝顔形の菜売籠に田芹・たんぽ・藁苞にした嫁菜を入れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android