コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源おぢ げんおじ

大辞林 第三版の解説

げんおじ【源おぢ】

小説。国木田独歩作。1897年(明治30)「文芸俱楽部」に発表。原題「源叔父」。俠気きようきある源叔父の、ままならぬ人生を哀感を込めて描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

源おぢの関連キーワード国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学ウェルンレエチオピア=ソマリア国境紛争

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone