悲哀(読み)ひあい

精選版 日本国語大辞典「悲哀」の解説

ひ‐あい【悲哀】

〘名〙
① (形動) かなしいこと。かなしくあわれなこと。また、そのさま。哀痛。
※性霊集‐一〇(1079)秋日奉賀僧正大師讚「虫響悲哀愍草間」 〔史記‐五帝本紀〕
② (━する) 悲しむこと。
※知恩院本上宮聖徳法王帝説(917‐1050頃か)「太子崩す。時に、多至波奈大女郎悲哀嘆息て白す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「悲哀」の解説

【悲哀】ひあい

かなしみ。唐・杜牧〔寓題〕詩 假如(たとひ)三六千日あるも (なか)ばは是れ悲哀、ばは是れ愁

字通「悲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の悲哀の言及

【メランコリー】より

…人間の基本的な感情の一種で,日本語でいえば〈憂鬱(ゆううつ)〉または〈悲哀〉にあたる。もとは古代ギリシア・ローマで医学用語として使われたのが始まりで,この伝統は二千数百年後の今日も精神医学の分野でなお受け継がれており,その限りでは〈鬱病〉というふうに意味がせばまる。…

※「悲哀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android