妻子(読み)サイシ

デジタル大辞泉の解説

さい‐し【妻子】

妻と子。つまこ。「妻子を養う」
妻。妻女。
「若き―の思ひわびぬべきにより」〈若紫

つま‐こ【妻子】

妻と子。さいし。

め‐こ【妻子】

妻と子。さいし。
「―見ればめぐし愛(うつく)し」〈・八〇〇〉
妻。
「天(あめ)の下にはわが―にすべき人なし」〈宇津保・嵯峨院〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいし【妻子】

妻と子。つまこ。 「 -を抱えて路頭に迷う」
妻。 「わかき-の思ひわびぬべきにより/源氏 若紫

つまこ【妻子】

妻と子。さいし。

めこ【妻子】

つまと子。 「 -見ればめぐし愛うつくし/万葉集 800
妻。 「その人の御-とて/宇津保 初秋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐し【妻子】

〘名〙 妻と子。妻児。つまこ。また、単に妻をいう。
※続日本紀‐霊亀二年(716)五月庚寅「檀越子孫、惣摂田畝、専養妻子、不衆僧
※宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「老いたる親、ちひさきさいしの泣き悲しぶを見給はふるなん」
※山陽詩鈔(1833)三・仏郎王歌「国内游手収編行、兵無妻子」 〔詩経‐小雅・常棣〕

つま‐こ【妻子】

〘名〙 妻と子。めこ。さいし。
※発心集(1216頃か)四「況や、つかへて罪をつくり、妻子(ツマコ)の故に身をほろぼすにつけても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妻子の関連情報