準有配当保険

保険基礎用語集の解説

準有配当保険

毎年配当タイプに対して、5年ごとに配当を支払う方式の生命保険商品を指します。現行の毎年配当タイプは、3利源(利差、死差費差)による配当を行っているが、5年ごと配当タイプは、死差、費差の部分は無配当とし、利差配当のみ支払われます。その結果、現行の3利源毎年配当タイプに比べ、保険料は約8〜9%安くなります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android