コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準火山岩 じゅんかざんがん subvolcanic rock

1件 の用語解説(準火山岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

準火山岩

地表に近い所で形成された火山岩で,小規模で下に向かって細くなった貫入岩体となっている.ラテン語subは,~の下に,の意味であるが.Subvolcanicを岩石関係で用いる場合には多少意味が異なって使われることがある.(1) 準火山岩(subvolcanic rock)については,普通は深さによって母岩の温度が増加し,深い場所の貫入岩体は浅い位置の貫入岩に比べて粗粒な組織となる.しかしマグマが火山の火道の下部で固化すると,熔岩が連続的に通過するたびに母岩が熱せられて非常に浅い深さの所でも粗粒な岩石が形成される.これを準火山岩(subvolcanic rock)という[Nockolds, et al. : 1978].(2) 火山底鉱床(subvolcanic deposit)は火山域の浅所(深度0~2km,温度250℃程度)に貫入した岩体中あるいはその周辺の母岩中に形成された熱水鉱床である[Niggli : 1941, Schneiderhoehn : 1955].(3) 準火山ガス(subvolcanic gas)は地下水がマグマに接触して気化し地表に噴出する火山ガスをいう[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準火山岩の関連キーワード火山岩噴出岩噴石丘単成火山火山岩塊エクソライト累積火山溢流岩硫黄火山弾外力的過程

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone