コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溜まり タマリ

デジタル大辞泉の解説

たまり【×溜まり】

もののたまること。また、たまっている所。「水溜まり
人の集まる場所。たまり場。「仲間の溜まりになっている店」
相撲の土俵下で審判委員・行司・力士が控える所。「力士が溜まりに入る」
味噌からしたたった汁。
溜まり醤油(じょうゆ)」の略。
敵の攻撃を支えること。こらえふみとどまること。「ひと溜まりもない」
「だれでも年取った人は、こうと言ったら―がないんですわ」〈三重吉・桑の実〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまり【溜まり】

〔動詞「溜まる」の連用形から〕
人が集まって控えている所。
江戸時代、奉行所にあった控え所。
相撲で、土俵際の審判員や行司・力士などが控えている所。土俵だまり。
味噌からしたたった液汁。
「たまり醬油」の略。
こらえること。 「年取つた人は、かうと言つたら-がないんですわ/桑の実 三重吉」 → ひとたまり
(水などの)たまった所。また、たまったもの。 「中島に水の-に/宇津保 藤原君

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

溜まりの関連キーワードオーバーヘッド・ストーピングキャップカーボネート汚染作用アクセサリーマグマ・ストーピングJRE POINTアドキュームレイト屋根裏換気システム気体蒸気分化作用火成岩の多様性デルーフィング御溜まり小法師浸透交代作用ボルボックス深成分化作用陥没カルデラ底部結晶作用重力分化作用ストーピング処女膜閉鎖症引退カルデラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溜まりの関連情報