コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝彫 みぞぼりfluting

翻訳|fluting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溝彫
みぞぼり
fluting

建築用語。古代建築の柱のまわりに垂直に刻込まれた溝 (ラブドーシス) 。竪溝 (たてみぞ) ともいう。特に古代ギリシア・ローマの大建築に多く使われた。時代によって,溝の本数,刻み方が異なる。支柱の重圧感を削減するための効果と美的効果を意図したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

溝彫の関連キーワードトスカーナ式ギリシア美術トスカナ式胡麻幹決りオーダー額縁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android