支柱(読み)しちゅう

精選版 日本国語大辞典「支柱」の解説

し‐ちゅう【支柱】

〘名〙
① 物が倒れたり落ちたりしないようにささえる柱。つっかい棒。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※鳥影(1908)〈石川啄木〉九「鵜飼橋の支柱が、夜目にそれと見える様になった」 〔後漢書‐章帝紀〕
② (━する) ささえとなること。また、そのもの。家・国などで集合体の中心となる人。大黒柱。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「穵林登(ウヱリントン)一人の堅志定力に由りて維持し、その自己に倚頼するに由りて支柱し得たり」
※綿(1931)〈須井一〉二「姉は、近村の製糸工場の女工として、一家の支柱を司ってゐた」

つかえ‐ばしら つかへ‥【支柱】

〘名〙 ささえにする柱。つかえ。ささえばしら。しちゅう。
※慶長見聞集(1614)七「つかへ柱をかへ」

ささえ‐ばしら ささへ‥【支柱】

〘名〙 物の落下や倒壊などを防ぎ支えるために立てる柱。つっかいばしら。つっぱり。しちゅう。
※若き日(1943)〈広津和郎〉二「縁側の支へ柱の根元に地面から水分が薄黒く上って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「支柱」の解説

し‐ちゅう【支柱】

物を支えるために用いる柱。つっかい棒。
生活や組織の支えとなる重要な存在。また、そういう人。「一家の支柱を失う」「精神的支柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android