コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶岩尖塔 ヨウガンセントウ

2件 の用語解説(溶岩尖塔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようがん‐せんとう〔‐センタフ〕【溶岩×尖塔】

火山岩尖(かざんがんせん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ようがんせんとう【溶岩尖塔】

ほとんど固結した溶岩が火道から地表にゆっくり押し出され、火口上に柱状に突出したもの。1902年、ペレー火山(小アンティル諸島マルチニーク島)の活動のときには、最高300メートルにも達した。火山岩尖。ベロニーテ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の溶岩尖塔の言及

【火山岩尖】より

…高粘性のマグマが火道から地表へゆっくりと押し上がり,ほとんど固化した溶岩の柱として火口から突出した岩塔。溶岩岩尖,溶岩尖塔ともいう。1902年プレー火山(マルティニク島)の噴火では高さ276m,直径100~170mの火山岩尖が生じたが,後に崩壊した。…

※「溶岩尖塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

溶岩尖塔の関連キーワード火山岩頸火山岩尖火山岩塊溶岩塔火山岩起源火山岩栓ドーム火山尖塔偽火山岩古火山岩新火山岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone