コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶岩尖塔 ヨウガンセントウ

大辞林 第三版の解説

ようがんせんとう【溶岩尖塔】

ほとんど固結した溶岩が火道から地表にゆっくり押し出され、火口上に柱状に突出したもの。1902年、ペレー火山(小アンティル諸島マルチニーク島)の活動のときには、最高300メートルにも達した。火山岩尖。ベロニーテ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の溶岩尖塔の言及

【火山岩尖】より

…高粘性のマグマが火道から地表へゆっくりと押し上がり,ほとんど固化した溶岩の柱として火口から突出した岩塔。溶岩岩尖,溶岩尖塔ともいう。1902年プレー火山(マルティニク島)の噴火では高さ276m,直径100~170mの火山岩尖が生じたが,後に崩壊した。…

※「溶岩尖塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

溶岩尖塔の関連キーワードプレー式噴火ベロニーテ火山岩尖溶岩塔火道

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android