コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山岩尖 かざんがんせんvolcanic spine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火山岩尖
かざんがんせん
volcanic spine

粘性が極端に大きい溶岩が火口から遠くまで流れず,柱状に固結して地表に押し上げられ,尖峰をそびえさせた火山地形ベロニーテともいい,噴火の後期に形成されることが多い。西インド諸島東部のプレー山では 1902年の噴火後,高さ約 300mの火山岩尖が形成された。日本では雲仙岳溶岩円頂丘に高さ 30mの火山岩尖がある。逆に溶岩の粘性が小さいと,ハワイ島のような傾斜のゆるい楯状火山がつくられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かざん‐がんせん〔クワザン‐〕【火山岩×尖】

粘性のきわめて大きい溶岩が地下から押し出され、柱状に突出したもの。溶岩塔溶岩尖塔。ベロニーテ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

火山岩尖【かざんがんせん】

粘性のきわめて高い溶岩が地下から押し上げられ,尖塔状に突出した地形。溶岩円頂丘の形成に伴うことが多い。
→関連項目火山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

火山岩尖

円柱状の形状をした貫入以前のドーム.ラクロアによってマルチニックのモン・ペレ(Mont Pelee)で最初に観察され,エィギュイユ(aiguille)と命名された[Hovey : 1903, Lacroix : 1904].熔岩の粘性が非常に大きいと熔岩が地表に出る前にほとんど固結してしまっても,なを下から力が働くと押し上げられて尖った塔のような形状となる.西インド諸島マルチニク島のペレ火山に出現したのが代表的な例であるが,この火山岩尖は後に崩れてしまい現在はほとんどなくなった.

火山岩尖

粘性の高い熔岩が火道内から火口上に押し上げられて生じる塔状の突起または小火山体.側面には時に上昇の際の擦痕が見られる[片山など : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かざんがんせん【火山岩尖 volcanic spine】

高粘性のマグマが火道から地表へゆっくりと押し上がり,ほとんど固化した溶岩の柱として火口から突出した岩塔。溶岩岩尖,溶岩尖塔ともいう。1902年プレー火山(マルティニク島)の噴火では高さ276m,直径100~170mの火山岩尖が生じたが,後に崩壊した。45年に生じた昭和新山もこれに近い。火山岩尖の側面には上昇時に生じた擦痕,頂部には既存の地表構成物質,山麓には既存地盤の高まり(たとえば昭和新山の屋根山)がみられることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の火山岩尖の言及

【火山】より

…これを溶岩円頂丘lava domeという。とくにほとんど固まった状態の溶岩が塔のように突出して噴き出してくる場合には火山岩尖(火山尖塔)volcanic spineという。以上は小規模な単成火山の例である。…

【火山】より

…これを溶岩円頂丘lava domeという。とくにほとんど固まった状態の溶岩が塔のように突出して噴き出してくる場合には火山岩尖(火山尖塔)volcanic spineという。以上は小規模な単成火山の例である。…

※「火山岩尖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火山岩尖の関連キーワードシュナイダーの火山分類カラペイス内成ドーム火山尖塔山棘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android