溶液角礫岩(読み)ようえきかくれきがん(英語表記)solution breccia

岩石学辞典の解説

溶液角礫岩

硬石膏(anhydrite)や石膏などの可溶性物質が失われたために地層が崩壊して形成された角礫岩[Wollacott : 1919].陥没角礫岩(founder breccia)と同義[Norton : 1917].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android