コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演劇ユニット えんげきゆにっと

1件 の用語解説(演劇ユニットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

演劇ユニット

主宰者と核になるメンバーはいるが、劇団という形をとらず、公演ごとにスタッフキャストを集めて演劇公演を行う組織。日本の現代演劇の世界は、長年、劇団を中心に動いてきたが、1990年代以降、野田秀樹主宰のNODA・MAP(93年結成)、ケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰のナイロン100℃(93年結成)、竹中直人の会(90年結成)など、劇団制によらない緩やかな演劇組織が増えてきた。井上ひさしが座付き作者を務めるこまつ座(83年結成)もその1つ。永井愛主宰の二兎社(81年結成。初めは永井と大石静の2人が主宰)も、90年代以降、高い舞台成果を上げている。メンバーが固定しがちな劇団に比べ、作品に応じてそれにふさわしい俳優を集められる利点がある。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

演劇ユニットの関連キーワードメールマガジンフルメンバーベストメンバーメンバーチェンジリングメンバーリエンロールメント・メーリングマルメ/マルメン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

演劇ユニットの関連情報