コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜在学習 せんざいがくしゅうlatent learning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潜在学習
せんざいがくしゅう
latent learning

実際に目に見える行動としては,直接その実効が現れない形でなされる学習のこと。たとえばネズミ報酬としてのなしに,何日間か迷路を探索させたあと,目標箱に餌を置くと,それ以前にはほとんどみられなかった行動の改善が急速に生じる。この場合,報酬なしの期間にも学習がなされたとみなし,潜在学習と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

潜在学習の関連キーワードS‐S説認知地図習性

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android