コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜晶質 せんしょうしつcryptocrystalline

岩石学辞典の解説

潜晶質

結晶が非常に小さく,顕微鏡を用いても結晶が区別できず,直交ニコルの顕微鏡でのみ結晶の存在が識別できるもの.しかし個々の鉱物の同定はできない.炭酸塩岩石学では結晶が1μm(=0.001mm)よりも細かい堆積物に用いている[Bissell & Chilingar : 1967].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

潜晶質の関連キーワード珪くじゃく石(データノート)ケイクジャク石(珪孔雀石)フェルシフィリック組織クリプトクラスティックケリファイト状組織フェルスパテイックフリント(岩石)ノヴァキュライトシリシルタイト砕残偽斑状構造フェルソ安山岩ミロナイト組織砕残擬斑晶組織暗黒物クラストリソイダイトダイヤモンドアイオウン岩珪くじゃく石珪長岩質組織パラゴナイト

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android