同定(読み)ドウテイ

デジタル大辞泉の解説

どう‐てい【同定】

[名](スル)
同一であると見きわめること。
生物の分類上の所属や種名を決定すること。
単離した化学物質が何であるかを決定すること。「スペクトルで物質を同定する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうてい【同定 identification】

生物の分類に際して,与えられた材料がどの分類群に属するかを判定する作業。手順としては,それが現在知られているどの分類群の変異域に収まるかを鑑定し,その分類群の学名に合わせる。すべての分類群の範疇(はんちゆう)が確定されたものでないことを考えれば,同定という作業には,鑑別された分類群の定義が正しいかどうかという批判が含まれるべきはずであるが,一般には,鑑定と同じような意味で同定という語が使われることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうてい【同定】

( 名 ) スル 〔identify〕
ある物をある一定の物として認めること。あるものとあるものの同一性を認めること。
生物の分類学上の所属・名称を明らかにすること。
融点や沸点、各種の吸収スペクトルなど、物質に固有な性質を利用して、単離した目的物質が何であるかを明らかにすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐てい【同定】

〘名〙
① 同一であると見きわめること。
ウイルスの世界(1965)〈川喜田愛郎〉二「いろいろなウイルスを同定し」
② 動物・植物の分類学上の所属を正しく決めること。
③ 単離した化学物質が何であるかを決定すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同定の関連情報