同定(読み)どうてい

デジタル大辞泉「同定」の解説

どう‐てい【同定】

[名](スル)
同一であると見きわめること。
生物の分類上の所属や種名を決定すること。
単離した化学物質が何であるかを決定すること。「スペクトルで物質を同定する」
[類語]同視同一視人定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「同定」の解説

どうてい【同定 identification】

生物の分類に際して,与えられた材料がどの分類群に属するかを判定する作業。手順としては,それが現在知られているどの分類群の変異域に収まるかを鑑定し,その分類群の学名に合わせる。すべての分類群の範疇はんちゆう)が確定されたものでないことを考えれば,同定という作業には,鑑別された分類群の定義が正しいかどうかという批判が含まれるべきはずであるが,一般には,鑑定と同じような意味で同定という語が使われることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android