潮岬灯台

デジタル大辞泉プラスの解説

潮岬灯台

和歌山県東牟婁郡串本町にある灯台。初点灯は1873年。高さは22.51m。保存灯台Aランクに指定されている。「日本の灯台50選」のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の潮岬灯台の言及

【潮岬】より

…大坂~江戸の廻船はこの沖合を回ったため,近世には岬の南西の上野(うわの)に遠見番所が置かれていた。1873年にはそこに潮岬灯台が設置された。岬は東部が出雲,西部が上野の2集落に分かれていたが,1889年合して潮岬村となり,1955年には串本町と合併した。…

※「潮岬灯台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android