澄川 徳(読み)スミカワ トク

20世紀日本人名事典の解説

澄川 徳
スミカワ トク

明治・大正期の医師



生年
文久1年7月18日(1861年)

没年
大正15(1926)年12月

出生地
筑前国嘉穂郡大隈町(福岡県)

学歴〔年〕
東京帝大医科〔明治21年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔明治45年〕

経歴
明治22年より公立小倉病院院長を務め、34年ドイツに留学し内科・病理学を研究して、36年帰国後、福岡県若松町に開業。39年広島県広島病院院長となる。のち広島市内に澄川内科病院を開設し一般の診療に従事した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android