コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濁り ニゴリ

2件 の用語解説(濁りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にごり【濁り】

濁っていること。透明でないこと。「水の濁り」「レンズの濁り
色・音声などが、鮮明でないこと。「濁りのある発色」
精神などが、けがれていること。「心の濁り
濁音の符号。濁点。
濁り酒」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にごり【濁り】

にごること。にごっていること。 「川の-が引く」
仮名につける濁音の符号。濁点。 「 -をつける」
物事がよごれてきたないこと。世の中が乱れること。けがれ。 「心の-」 「世の-を正す」
音声が低く不快に聞こえること。 「スピーカーの音の-がひどい」
〘仏〙 悟りの開けぬときに起こる邪念。
濁り酒のこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濁りの関連情報