コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濁り ニゴリ

デジタル大辞泉の解説

にごり【濁り】

濁っていること。透明でないこと。「水の濁り」「レンズの濁り
色・音声などが、鮮明でないこと。「濁りのある発色」
精神などが、けがれていること。「心の濁り
濁音の符号。濁点。
濁り酒」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にごり【濁り】

にごること。にごっていること。 「川の-が引く」
仮名につける濁音の符号。濁点。 「 -をつける」
物事がよごれてきたないこと。世の中が乱れること。けがれ。 「心の-」 「世の-を正す」
音声が低く不快に聞こえること。 「スピーカーの音の-がひどい」
〘仏〙 悟りの開けぬときに起こる邪念。
濁り酒のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

濁りの関連キーワード澄み切る・澄切るクリームダウンUVフィルター濁り酒/おり酒ストレッサー硝子体混濁ポタージュ比濁分析パパイン角膜潰瘍マッカリマッコリ澄みやか清まる白内障上澄み無濾過砂漉し曇り点細・小

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濁りの関連情報