濁点(読み)だくてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濁点
だくてん

濁音を表記するために清音仮名右肩に加えた「 ゛」という符号濁音符号ともいう。漢字の声調を示す声点(しょうてん)から起こったもので,古くは位置も形も数も,現在のようには一定していなかった。声点は,平・上・去・入に従って漢字の四隅に,清音には「◦」「・」,音には「◦◦」「・・」「」などを付すものであった。これ日本語の仮名表記にも応用された。しかしのちになると,声調の表示とは切り離され,また清音表示も省略されて濁音のみを記すことになった。室町時代には右肩の位置に固定し,江戸時代にはいまと同じ形の「 ゛」が一般化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だく‐てん【濁点】

濁音であることを示すために、清音のかなの右肩に打つ二つの点。「が」「ざ」などの「゛」。濁音符。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だくてん【濁点】

清音の仮名の右肩につけて、それが濁音に発音されることを示す符号。「ざ」「ば」などの「」。声点しようてんから発展したもの。濁り点。濁音符。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濁点
だくてん

漢字、仮名の濁音を示す符号。濁音符ともいう。仮名では、ガ、ジなど、清音の仮名カ、シの右肩に加えるの印。古くは仮名だけでなく漢字にも用いたが、それらの形には多くの種類があった。いずれも日本で創案されたものだが、もとは漢字の声調(アクセント)を示す声点から発達した。漢字の声点には古く・やなどを用いたが、清音を表すに対して濁音を・、△、などの符号や、清音・に対して濁音などが用いられたが、それらのなかでが盛んに用いられた。もとは10世紀ごろ漢文の訓点記入の際におこったが、やがて片仮名にも適用され、さらに13世紀ごろからは平仮名の歌文にも広まった。多くは同時にアクセントをも示したが、他方、濁音節だけを特示する用法もあり、古くから右肩のや左傍等のなどが使用されたが、近世以降、現行のように右肩に固定した。[築島 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だく‐てん【濁点】

〘名〙 かなについて、それが濁音で読まれるべきことを示すための補助符号。通例、そのかなの右肩に添える、横並びの二つの点。カサタハ行の濁音のほか、ウヰ等にも用いて外来音の vi 等を示すこともある。もと、漢文の読解のための声点(しょうてん)から起こり、室町末ごろには、かな文の起草の際から清濁を区別して、現在の形が用いられるようになった。濁音符。→半濁点
※濁点源流考(1927)〈吉沢義則〉「濁点はヲコト点から始まったものである」

にごり‐てん【濁点】

〘名〙 かな文字などに付けて、その字を濁音で読むことを表わす記号。だくてん。〔広日本文典(1897)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の濁点の言及

【濁音】より

…五十音図のガザダバ4行のかなに対応する音節を伝統的に濁音とよび,かなの右肩につける[]を濁音符また濁点という。清音に対する濁音であること,また濁音になることを〈にごる〉ということがある。…

※「濁点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濁点の関連情報