コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濁点 だくてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濁点
だくてん

濁音を表記するために清音仮名右肩に加えた「 ゛」という符号濁音符号ともいう。漢字の声調を示す声点(しょうてん)から起こったもので,古くは位置も形も数も,現在のようには一定していなかった。声は,平・上・去・入に従って漢字の四隅に,清音には「◦」「・」,音には「◦◦」「・・」「」などを付すものであった。これ日本語の仮名表記にも応用された。しかしのちになると,声調の表示とは切り離され,また清音表示も省略されて濁音のみを記すことになった。室町時代には右肩の位置に固定し,江戸時代にはいまと同じ形の「 ゛」が一般化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だく‐てん【濁点】

濁音であることを示すために、清音のかなの右肩に打つ二つの点。「が」「ざ」などの「゛」。濁音符。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

濁点【だくてん】

濁音

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だくてん【濁点】

清音の仮名の右肩につけて、それが濁音に発音されることを示す符号。「ざ」「ば」などの「゛」。声点しようてんから発展したもの。濁り点。濁音符。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濁点
だくてん

漢字、仮名の濁音を示す符号。濁音符ともいう。仮名では、ガ、ジなど、清音の仮名カ、シの右肩に加えるの印。古くは仮名だけでなく漢字にも用いたが、それらの形には多くの種類があった。いずれも日本で創案されたものだが、もとは漢字の声調(アクセント)を示す声点から発達した。漢字の声点には古く・やなどを用いたが、清音を表すに対して濁音を・、△、などの符号や、清音・に対して濁音などが用いられたが、それらのなかでが盛んに用いられた。もとは10世紀ごろ漢文の訓点記入の際におこったが、やがて片仮名にも適用され、さらに13世紀ごろからは平仮名の歌文にも広まった。多くは同時にアクセントをも示したが、他方、濁音節だけを特示する用法もあり、古くから右肩のや左傍等のなどが使用されたが、近世以降、現行のように右肩に固定した。[築島 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の濁点の言及

【濁音】より

…五十音図のガザダバ4行のかなに対応する音節を伝統的に濁音とよび,かなの右肩につける[]を濁音符また濁点という。清音に対する濁音であること,また濁音になることを〈にごる〉ということがある。…

※「濁点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

濁点の関連キーワード典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點清音(せいおん)アンダーパーちょぼちょぼフリック入力ちょんちょん半濁音符いろは歌アイヌ語世阿弥半濁音濁り点丸・円濁・諾音韻学絵暦築島濁り濁る

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濁点の関連情報