コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃茶点前 コイチャテマエ

デジタル大辞泉の解説

こいちゃ‐てまえ〔‐てまへ〕【濃茶点前】

茶道で、濃い茶をたてる作法。普通は、列席する人数の分量を同時に一碗にたて、それを飲み回す。→薄茶点前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こいちゃてまえ【濃茶点前】

濃茶を点てる作法。湯の量を少なくして茶筅ちやせんで練る。普通、人数分を一碗に点てて飲み回す。 ⇔ 薄茶点前

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の濃茶点前の言及

【点前】より

…抹茶を点ずる,または点(た)てるしかたには濃茶(こいちや)と薄茶の区別がある。濃茶は練る,薄茶を点てるといい,その手続を濃茶点前,薄茶点前という。これは飲料としての抹茶の点前であるが,茶の湯には別に炉中(夏季は風炉)に炭を置くための手順,炭手前がある。…

※「濃茶点前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

濃茶点前の関連キーワード差し湯・差湯茶入れ点前濃茶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android