薄茶点前(読み)ウスチャテマエ

大辞林 第三版の解説

うすちゃてまえ【薄茶点前】

薄茶を点てる作法。湯の量を多くして、茶筅ちやせんでかき回す。一碗に一服ずつ点てる。 ⇔ 濃茶こいちや点前

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うすちゃ‐てまえ ‥てまへ【薄茶点前】

〘名〙 茶の湯で薄茶をたてる作法。一碗に茶杓二杯の薄茶と熱湯を入れ、茶筅(ちゃせん)の穂を振って泡立つ様にたてる。茶事では濃茶の後にたてるが、大寄せの茶会には薄茶だけたてる場合が多い。⇔濃茶点前

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の薄茶点前の言及

【点前】より

…抹茶を点ずる,または点(た)てるしかたには濃茶(こいちや)と薄茶の区別がある。濃茶は練る,薄茶を点てるといい,その手続を濃茶点前,薄茶点前という。これは飲料としての抹茶の点前であるが,茶の湯には別に炉中(夏季は風炉)に炭を置くための手順,炭手前がある。…

※「薄茶点前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android