コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃茶 こいちゃ

6件 の用語解説(濃茶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濃茶
こいちゃ

抹茶の一種。被覆栽培された老木の茶葉のうち,萌芽の3葉ほどのところから採取したものを茶臼でひいて抹茶として用いる。使用の茶臼は宇治産の石臼を良とし,また茶葉も宇治の木幡産のものを最良とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こい‐ちゃ【濃(い)茶】

抹茶の一。直射日光が当たらないようにした古木の若芽から作ったもの。→薄茶(うすちゃ)
濃茶点前」の略。
茶色の濃いもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

濃茶【こいちゃ】

抹茶(まっちゃ)の一種。薄茶に対する。日覆(ひおおい)をした老樹の若芽から製する。茶道の濃茶点前(てまえ)では,用具,作法等が薄茶点前と異なり,数人分を同時に一碗(わん)でたて,これを飲み回す。
→関連項目点前挽茶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こいちゃ【濃茶】

[0][2][1] 抹茶まつちやのうち、厳重に遮光した古木の、柔らかい芽葉から製したもの。濃緑色で甘味がある。 ↔ 薄茶
「濃茶点前てまえ」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

こいちゃ【濃茶】


茶の湯で用いる抹茶の一種。また、これを用いた点前(てまえ)。多量の抹茶を少量の湯で溶かして練り、どろりとした茶となる。普通、人数分を一つの茶碗で一度に練り、客は順にまわし飲みする。従って客の人数は5人程度までとなる。抹茶の量はおおむね1人あたり3gほど。抹茶は、茶の木に新芽が出たらよしずや稲わら、黒の寒冷紗(かんれいしゃ)(目の粗い薄地の織物)などで茶園をおおって20日程度直射日光を遮って育てた若い芽を用いるが、濃茶には、より遮光性の高いおおいを用いて栽培した特にやわらかい葉を用いる。濃茶には樹齢を重ねた古木の新芽を用いるが、近年は濃茶に適した品種や栽培法が工夫されている。濃茶用の抹茶で薄茶をたてることもあるが、薄茶用の抹茶は濃茶用よりも苦みや渋みがあるため、高濃度で用いる濃茶には適さない。◇「おこい」ともいう。また、濃茶は「練る」という。⇒薄茶

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濃茶
こいちゃ

薄茶に対する語。茶の量に対し湯の量が少ないため、茶がとろりとしているところからつけられた名称。薄茶は点(た)てるというのに対し、濃茶は通常、練るという。薄茶が通常、一服1.75グラムであるのに対し、濃茶は3.75グラムで茶を練っていくといわれる。濃茶と薄茶とが明確に分離したのは、『天王寺屋会記(てんのうじやかいき)』の1549年(天文18)のことであった。同年の2月11日の三好(みよし)宗三の会で、「御茶 別儀(べちぎ) 薄茶 無上」の名があがっているのがそれである。そのころは、「極無上別儀無上や揃砕簸屑(そそりくだけひくず)の他にあるは国茶か」(『烏鼠集(うそしゅう)四巻書』)といわれるように、濃茶としては極茶、無上茶、別儀無上茶があり、薄茶として揃茶、砕茶、簸屑茶があるというものである。しかし、濃茶の語の初見は『天王寺屋会記』の1575年(天正3)7月の会である。このころの濃茶は1人一服ずつに練っていたのを、千利休(せんのりきゅう)が1586年ころになって数人で飲み回すことを考えた。これを「吸茶(すいちゃ)」といって、その後はこの方法が習いとなっている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の濃茶の言及

【茶道】より

…宴会が主客の交わりを深め,さらに緊密な結びつきをつくりだす寄合の場であったように,茶会もまたそこに同座する主客の結合をつくりあげる点に主要な目的があった。こうした目的に添った茶会でのふるまいには,たとえば濃茶(こいちや)のまわし飲みがある。一碗にたてた濃茶を正客から末座の客まで,場合によっては亭主も加わって全員でまわし飲む作法であるが,これは共同体などで仲間の盟約を堅固にするために行われる共同飲食の習慣と同じであり,酒礼の盃の応酬になぞらえて始められたものであろう。…

【点前】より

…茶の湯の用語の一つで,茶を点ずるための順序,手続をいう。抹茶を点ずる,または点(た)てるしかたには濃茶(こいちや)と薄茶の区別がある。濃茶は練る,薄茶を点てるといい,その手続を濃茶点前,薄茶点前という。…

【挽茶】より

…この状態の茶葉を碾茶(てんちや)と呼び,これを茶臼でひいて粉末にしたものを飲用する。薄茶,濃茶(こいちや)の別があり,昔は使用される茶葉の部位などによって区別されていたが,現在では濃茶は甘味の多い濃厚なもの,薄茶はややあっさりした味のものになっている。いずれにせよ,使用する茶葉全体を粉末にして飲むので,茶葉の含有する葉緑素,植物繊維,タンニン,ビタミン,カフェインその他,すべての成分を利用することができる。…

※「濃茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

濃茶の関連キーワード点前抹茶薄茶菊炭茶事茶の湯者差湯照布平点前抹茶の日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濃茶の関連情報