コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濠太剌利 オーストラリア

大辞林 第三版の解説

オーストラリア【濠太剌利】

南半球にある世界最小の大陸。北はアラフラ海、東は太平洋、南と西はインド洋に面する。
オーストラリア大陸とタスマニア島などを領土とする国。六州・キャンベラ特別区(首都)・ノーザンテリトリー(準州)から成る。1788年イギリスの流刑植民地になったが、1901年六州で連邦を結成し、イギリスから独立。羊毛・小麦・牛肉・砂糖などを産出する農牧業国。鉄・金・銀・スズ・石炭・ボーキサイト・ウランなど地下資源に富む。住民のほとんどはヨーロッパ系(うち4分の3がイギリス系)であるが、約2パーセントの先住民アボリジニがいる。首都キャンベラ。面積774万1千平方キロメートル。人口2020万( 2005)。豪州。正称、オーストラリア連邦。 〔「濠太剌利」とも当てた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android