瀬越をかける(読み)せごしをかける

精選版 日本国語大辞典の解説

せごし【瀬越】 を かける

困難な目にあわせる。に苦痛を与える。責める。せごす。
浮世草子・近代長者鑑(1714)二「此方の望みの通り、化てみするか、ばけねば打ころすがとせごしをかけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android