此方(読み)こなた

デジタル大辞泉の解説

こ‐ち【×方】

[代]
近称の指示代名詞。こっち。こちら。
「―やと言へば、ついゐたり」〈・若紫〉
一人称の人代名詞。わたくし。わたくしども。
「そちが知らずは、―も知らぬぞ」〈虎清狂・文荷

こち‐ら【×方】

[代]
近称の指示代名詞。
㋐話し手に近い方向をさす。「此方を向いてください」
㋑話し手のいる、またはその方向にある場所をさす。「此方に来てからもう三年になる」
㋒話し手の近くにある物をさす。「此方も御試着なさいますか」
一人称の人代名詞。話し手自身、また話し手の側をさす。当方。「此方はいつでも結構です」
三人称の人代名詞。話し手のすぐそばにいる人をさす。同等以上の人に用いる。この人。「此方が私の兄です」

こっ‐ち【×方】

《「こ」の音変化》
[代]
近称の指示代名詞。聞き手よりも話し手の方に近い場所やそこにある物、または、その方向をさす。「此方の水は甘いぞ」「此方が大きい」「足音が此方へ近づいてくる」
一人称の人代名詞。話し手自身、または、その周辺にいる人々をさす。こちら。当方。「此方が出向く」「此方にも考えがある」
[名]ある事が起こった時から今まで。以来。このかた。「病気が治ってから此方、健康には留意している」
[補説]近世からみられ、「こちら」よりもくだけた感じの語。

こ‐な‐た【×方】

[代]
近称の指示代名詞。ある地点より話者のいる地点に近い場所・方向などを示す。こちら。こっち。「山の此方
「静に―を振り向いて」〈二葉亭訳・あひゞき
「―へ給はらん」〈平家・一一〉
二人称の人代名詞。あなた。
「はい、もう何もかも―のおかげでございますから」〈円地・女坂〉
「『やや、こちの事か。何事ぞ』『―の御事でござある』」〈虎清狂・禁野
近称の指示代名詞。過去または未来の一時点から話者のいる現在へ向かっての時間。
㋐それからのち。以来。
「故君の失せ給ひにし―は」〈・橋姫〉
㋑それより前。以前。
「嵯峨野の御わたりの―に」〈狭衣・二〉
三人称の人代名詞。今話題になっている人。また、近くにいる人。
「まづ―の心見はてて、とおぼすほどに」〈・夕顔〉
一人称の人代名詞。わたくし。
「その衣は―のにて候」〈謡・羽衣

こんた【×方】

[代]《「こなた」の音変化》二人称の人代名詞。おまえさん。
「―の言ふ事があたり申さない」〈滑・膝栗毛・初〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こち【此方】

( 代 )
近称の指示代名詞。方向を指し示す。こちら。こっち。「こちらへ」の意のときも単に「こち」といい、助詞を伴わない。 「日下部くさかべの-の山と/古事記 」 「 -、とのたまふを/源氏 若紫」 「いと興あることかな、-もて来/堤中納言 虫めづる
人代名詞。一人称。私。私ども。 「やあやあ、-のことでござるか/狂言・宗論 虎寛本」 「 -ワソラウソフイテイテ、アレコソソノ熟柿ヲバ食ベタレトハネカケウズルニ何ノ子細ガアラウゾ/天草本伊曽保」

こちら【此方】

( 代 )
近称の指示代名詞。「こっち」より丁寧な言い方。
話し手のいる、あるいはそれに近い方向・方角をさす。この方向。 「 -を向いて下さい」 「鬼さん、-」
ここにある物。 「 -がお買い得です」
この場所。 「 -にございます」 「 -に来られて何年になりますか」 「 -は田中さんのお宅でしょうか」
人代名詞。
一人称。相手の側と話し手の側とに分けた上で、後者であることを強く意識していう語。自分の側。当方。 「それは-の知ったことではない」 「 -の言い分はそれだけです」
三人称。かたわらにいる、同等以上の人をさす。このかた。こちらのかた。 「 -がかねて令名の高い小林先生です」 「 -、どなた」 「 -さんを紹介して下さい」

こっち【此方】

( 代 )
〔「こち」の転〕
近称の指示代名詞。「こちら」のくだけた言い方。 「 -に来る」 「 -がいい」
「こちら」のくだけた言い方。特に、一人称。自分。わたし。また、自分の側。 「 -は-で勝手にする」 「 -の負けだ」

こなた【此方】

( 代 )
指示代名詞。
近称。話し手に近い場所・方向などをさす語。こちら。こちらのほう。 「対岸の人々は一斉に-を見ていた」 「立上りながら-を振向き/あめりか物語 荷風
過去のある時から、現在までの間をさす。以来。このかた。 「かしこき御影に別れ奉りにし-、さまざま悲しき事のみ多く侍れば/源氏 明石
未来のある時からさかのぼって現在までの間をさす。それより以前。以前。 「おのがあらむ-は/源氏 真木柱
人代名詞。
一人称。わたし。わたくし。 「なう、その衣は-のにて候/謡曲・羽衣」
二人称。敬意をもって相手を呼ぶ語。あなた。 「何と仰せられても-のではあるまい/狂言・鈍根草」
三人称。話題・関心の中心になっている人をさす。この人。 「かたや小野川、-谷風」 「まづ-の心見果てて、とおぼす程に/源氏 夕顔

こんた【此方】

( 代 )
〔「こなた」の転。近世江戸語〕
二人称。お前。あなた。 「 吞まずと-のその一言でそこいら中がしめつて来るわな/洒落本・道中粋語録」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ち【此方】

〘代名〙
他称話し手側の方向をさし示す(近称)。助詞「へ」や「に」を伴わないで用いられた。⇔あち
(イ) こなたの側。こっち。こちら。
※古事記(712)下・歌謡「日下部(くさかべ)の 許知(コチ)の山と 畳薦(こも) 平群(へぐり)の山の」
源氏(1001‐14頃)浮舟「母ぞこち渡り給へる」
(ロ) 自分の家。また、その家にいっしょに住むもの。
歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)中「『小さい子は銀(かね)を持たぬ物じゃ。俺が持て行てやらふ』『そんならこちの所迄連立て行ませふ』」
(ハ) (中国に対して) 日本。わが国。
※六物図抄(1508)「こちのひらつつみのやうにして掛に異にせんためぞ」
(ニ) 時間的に今に近い時。
史記抄(1477)三「黄帝からこちへの事どもをしるしたぞ」
② 自称。男女ともに用い、対等またはやや上位の相手との話に用いる。私。手前。自分。また、私ども。われわれ。
※史記抄(1477)一五「軽重不得とは、彼は我と重して、こちを軽し、こちも我と重してあれをは軽するほどに」
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)上「こないなあばづれいふと、いかう気づつながるさかい、こちが付込むぢゃ」
[語誌]古くから用例があるが、古代には同様に方向を表わす「こなた」の方が多く用いられた。室町時代以降用例が多くなり、「こちら」「こっち」等の形態を派生した。現代共通語では「こちら」「こっち」に勢力を譲って、「こち」はほとんど用いられなくなっている。

こち‐ら【此方】

〘代名〙
① 他称。
(イ) 話し手側の方向、場所などをさし示す(近称)。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「あちにも我子こちらにも我子が守護になったそ」
(ロ) 話し手側の人や家などをさし示す(近称)。このかた。このお宅。
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉五「当家(コチラ)の伯父さんのお蔭で家へ帰れる様に成た」
(ハ) ある時から以後。
※落語・雨やどり(1899)〈六代目桂文治〉「二三日此方(コチラ)心配して居るから」
② 自称。話し手自身をさす。わたくし。また、われわれ。
※歌舞伎・今源氏六十帖(1695)一「仏壇の掃除をこちらが致します」

こっ‐ち【此方】

[1] 〘代名〙 (「こち(此方)」の変化した語)
① 他称。話し手側の方向、また、話し手の側にあるものなどをさし示す(近称)。
※杜詩続翠抄(1439頃)五「あっちよりこっちへくるを曰入塞也」
② 自称。わたくし。自分。当方。
※杜詩続翠抄(1439頃)八「吾(コッチ)は不知矣」
※歌舞伎・与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)四幕「そっちも亭主のある体、それと知りつつうっかりと、はまり込んだはこっちも不覚」
[2] 〘名〙 このかた。以来。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「わし共は二十年もこっちイ、そんなあじゃらしいこたア、中絶のウしてゐますに」

こっちゃ【此方】

〘代名〙 (「こちら」の変化した語) 他称。話し手側の方向、場所などをさし示す(近称)。こっち。
浄瑠璃・義経千本桜(1747)四「これ此道をかういて、こっちゃの方が子守明神」

こっち‐ら【此方】

〘代名〙
① 他称。話し手側の場所などをさし示す(近称)。
洒落本遊子方言(1770)発端「『ああこっちらへ付ればよいに』『いやいやこちらでもよしよし』」
② 自称複数。われわれ。

こ‐な‐た【此方】

〘代名〙
[一] 他称。
① 話し手のいる、または話し手側に近い方角をさし示す(近称)。空間的に離れていても、話し手の意識のうえで強く問題にしている場所や方面をいう場合もある。この所。こちら。
※源氏(1001‐14頃)帚木「北の障子のあなたに人のけはひするを、こなたや斯くいふ人の隠れたるかたならむ、あはれや、と御心とどめて」
※宇治拾遺(1221頃)四「つくりたる田のよくて、こなたに作りたるにも、ことの外まさりたりければ」
② ある一定の時を限って、それより話し手の位置する時に近い期間をさし示す(近称)。
(イ) 過去のある時から現在までの間をさし示す。それより後。以来。
※書紀(720)皇極元年九月(岩崎本室町時代訓)「是の月より起(おこ)り十二月より以来(コナタ)を限(かき)りて宮室を営らむと欲す」
(ロ) 将来の、ある時よりも手前の期間をさし示す。それより前。以前。以内。
※源氏(1001‐14頃)真木柱「をのがあらむこなたは、いと人わらへなるさまに、したがひ靡(なび)かでも、ものし給ひなん」
③ すぐ前に述べた事柄や、それに関連した方面をさし示す(近称)。こちら。この方面。
※源氏(1001‐14頃)総角「いと尊くつく廻向の末つ方の心ばへ、いとあはれなり。客人(まらうど)もこなたに進みたる御心にて」
④ 二人以上の人物のうち、位置的に、また、意識のうえで近くにいる方の人。また、最も問題にされている方の人。この人。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「うらもなく待ち聞えがほなるかたつかた人をあはれとおぼさぬにしもあらねど、〈略〉まづこなたの心見はててとおぼすほどに」
[二] 自称。わたくし。
※源氏(1001‐14頃)行幸「こなたをもそなたをも、さまざま人の聞こえなやまさむ、ただならむよりはあぢきなきを」
※浮世草子・世間娘容気(1717)五「こなたのとっさまは法誉道三といひます」
[三] 対称。対等または対等に近い目上の相手に対して丁寧な言い方のとき用いる語。近世にはいってからはやや待遇価値が落ち、目下に対しても用いるようになった。
※玉塵抄(1563)六「かおを打あげて高祖をみて『こなたはただなながら昔の桀紂の如な主でをりある』と云たれば」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「今日はこなたが能く流して呉たでさっぱり仕ました。わたしは上るが、こなたはもっと這入るが能(よい)よ」
[語誌](1)平安時代以降、「そなた」「かなた(あなた)」に対し、空間的・時間的・心理的に話し手に近いと認識されるものを指す近称の指示代名詞として用いられるようになる。人称代名詞としても、(一)(二)の他称・自称の用法が平安時代に見えているが、(三)のように対称として用いられるのは室町時代になってからである。
(2)(三)の待遇価値は、室町時代末期には最高段階に位置していたものが、近世前期上方語では、新たに発生した「お前」にその座を奪われ、「こなた」は第二段階に下降した。近世後期上方語になると、寛政期頃までは、なお第二段階を維持するものの、町人の使用が減少し、使用者層が学者・武士・老人等に限定される傾向が見られる。

この‐かた【此方】

[1] 〘連語〙 こちらのかた。こちら側。こなた。
※万葉(8C後)一三・三二九九「見渡しに 妹らは立たし 是方(このかた)に われは立ちて〈略〉或本歌頭句云、隠口(こもりく)の 泊瀬(はつせ)の川の 彼方(をちかた)に 妹らは立たし 己乃加多(コノカタ)に われは立ちて」
[2] 〘名〙 その時より後。それ以来。こなた。
※書紀(720)神代上(寛文版訓)「爾(それ)より以来(コノカタ)(よよ)(かさ)(みの)を着(き)以て他人の屋の内に入ることを諱(い)む」
※火の柱(1904)〈木下尚江〉二四「孤独(ひとり)の方が好いと、心から思ふようになったのは、十年以来(コノカタ)くらいなものだよ」
[3] 〘代名〙 他称。話し手側または話し手に近い関係にある人をさし示す(近称)。「このひと」をさらに敬意をもって呼ぶとき用いる語。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉二七「『誰方(どなた)?』『此方(コノカタ)が〈略〉古屋さんの何さ』」

この‐ほう ‥ハウ【此方】

[1] 〘名〙 こちらの属している地や国。わが国。
※日本書紀桃源抄(15C後)上「唐のは青と白と黒と赤とて四時に配也。此方とすこしかはる也」
[2] 〘代名〙 自称。男性が用いる。われ。〔文明本節用集(室町中)〕
※歌舞伎・姫蔵大黒柱(1695)一「『コレコレ其の方は浜松巖之介と見た。遁さぬ』トいへば、『イヤイヤ此の方は巖之介ではない』」

こんた【此方】

〘代名〙 (「こなた」の変化した語) 対称。お前。あなた。
※洒落本・道中粋語録(1779‐80頃)「『馬士どん茶でも進ぜうか』『いいにへ、モウ呑ずとこんたのその一言でそこいら中(ぢう)がしめって来るハナ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android