コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成岩の多様性(読み)かせいがんのたようせい(英語表記)diversity of igneous rocks

岩石学辞典の解説

火成岩の多様性

火成岩には様々なものがあり,この多様性(diversity)は,マグマの多様性が原因となる場合と,冷却固化の過程に起因する場合がある.冷却固化の過程もマグマの移動によって分化が起こる場合と,マグマがある場所を占めた後に分化作用が起こる場合がある.しかし,これらの変化機構には各種の要素が絡み合った複合的な作用が考えられるので簡単ではない.(A)マグマの多様性には,(A-1)マグマ発生の場の原物質の多様性,(A-2)不均質な原岩から発生したマグマの多様性,(A-3)形成条件の差による異なった組成のマグマの発生,(A-4)局部的に発生したマグマ滴の濃集機構の過程の差.(B)マグマの分化作用には,(B-1)マグマ溜まり内部における分化作用,(B-2)マグマの上昇過程における分化作用,(B-3)マグマが定置後,冷却過程における分化作用.などが考えられている[鈴木 : 1994].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android