コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成葉理 かせいようり igneous lamination

1件 の用語解説(火成葉理の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

火成葉理

層状の岩石の中で,板状の鉱物が層に平行に面配列をすることで,結晶の長軸の方向は一般に不規則であるが,場合によって線状配列をすることもある.グロウトは結晶が動いているマグマから沈積したことを示唆している[Grout : 1918].この配列構造はマグマが面に平行な割れ目を上昇する場合にも形成される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火成葉理の関連キーワード層理片理流動層葉状鉱物成分平行構造面状平行構造残存偽岩脈准粗面岩クレスキュームレイト

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone