コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成葉理 かせいようりigneous lamination

岩石学辞典の解説

火成葉理

層状の岩石の中で,板状の鉱物が層に平行に面配列をすることで,結晶長軸の方向は一般に不規則であるが,場合によって線状配列をすることもある.グロウトは結晶が動いているマグマから沈積したことを示唆している[Grout : 1918].この配列構造はマグマが面に平行な割れ目を上昇する場合にも形成される.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

火成葉理の関連キーワード火成葉状

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android