コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成葉理 かせいようりigneous lamination

岩石学辞典の解説

火成葉理

層状の岩石の中で,板状の鉱物が層に平行に面配列をすることで,結晶長軸の方向は一般に不規則であるが,場合によって線状配列をすることもある.グロウトは結晶が動いているマグマから沈積したことを示唆している[Grout : 1918].この配列構造はマグマが面に平行な割れ目を上昇する場合にも形成される.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android